マンション 売却 仲介手数料

仲介手数料はいくら?

マンションを売却をする時に、一般的には不動産会社と媒介契約を結んでマンションを売りに出すわけですが、その場合マンションの売買が成約した場合には、不動産会社に対して仲介手数料を支払うことになります。

この仲介手数料ですが、不動産会社との間でトラブルの原因となることも少なくありませんので、媒介契約を交わすときにはしっかりと確認しておきましょう。

仲介手数料は、宅地建物取引業法という法律で、その上限が規制されています。
その上限とは、
物件の成約価格×3%+6万円+消費税
です。
この上限を超えて、不動産会社は仲介手数料を請求すれば法律違反になります。
中には広告料などと名目を変えて、法定の手数料以上の金額を請求する会社もあるようですが、これも違法ですので十分注意しましょう。

また、仲介手数料には発生条件があります。
仲介手数料はあなたの所有する不動産に関して売買契約が成立して初めて不動産会社に請求権が発生します。
つまり、仲介手数料は一種の成功報酬とも言えるわけです。
なので万が一売買契約を成立させる前に不動産会社が仲介手数料を請求してきても支払う必要がないことも覚えておきましょう。

さらに、仲介手数料の支払い方法についても確認が必要です。
物件の引き渡し完了時に仲介手数料を全額支払う場合には、売買代金から精算することが出来ますが、中には契約が締結した時に仲介手数料の半分を支払い、残りの半分については引き渡しが完了した時点で支払うケースや、契約が締結した時点で全額支払いをするケースなどがあり、その場合には家計から先払いする形になるので注意してください。


→今すぐマンションの一括査定を利用するならこちら!

 

サイトマップ