マンション 売却 諸経費

いろいろな費用がかかります!

マンションを売却するにあたって、売却価格をすべて手にすることはできないと考えましょう。
言い換えれば、手元に残るのは売却価格から諸費用を差し引いた金額だということです。

以下にマンション売却にかかる一般的な費用をあげておきますので参考にしてください。

・不動産会社に対して支払う仲介手数料
仲介手数料の上限は、マンションの成約価格×3%+6万円+消費税で計算できます。
→仲介手数料の詳細はこちら!

・契約書に貼る印紙代
マンションの売買契約書には収入印紙を貼る必要があります。
収入印紙代は印紙税という税金です。
印紙税はマンションの契約金額(売却価格)によって定められていて、例えば
契約金額が500万円超1000万円以下なら印紙税1万円
契約金額が1000万円超5000万円以下なら印紙税1万5000円
となっています(平成25年現在)。
税率や税額は毎年見直されますので、売却のタイミングに合わせて必ず確認しましょう。

・不動産を売却した所得に対する所得税・住民税
マンションを買ったときより高く売れた場合(利益が発生した場合)には、利益として確定申告が必要です。この場合は所得税・住民税がかかります。
また、マンション買ったときよりも安く売却した場合には、確定申告することで、課税されません。
さらに所得税の還付も受けられます。

・抵当権抹消にかかる登録免許税や司法書士に支払う報酬
住宅ローンの残債がある場合には、マンションの売却にあたって金融機関の抵当権を抹消する必要があります。
抵当権抹消にかかる登録免許税は不動産1個につき1000円です。
なので、通常は建物1、土地1で2000円となりますが、所有する土地の筆数が複数あるときには筆数分かかりますので、登記簿謄本で確認しておきましょう。
また、司法書士報酬は一定ではありませんが、1万円〜2万円程度が一般的です。

マンション売却で住宅ローンが残っている場合には、ローンの残高に加えて上記の費用がかかることを覚えておきましょう。


→今すぐマンションの一括査定を利用するならこちら!

 

サイトマップ