媒介契約

専任媒介、一般媒介とは?

マンション売却の仲介を依頼するときには、不動産会社と媒介契約を結びます。
媒介契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があり、それぞれの内容の違いは下記の通りです。

専属専任媒介契約

・依頼した1業者だけとの契約であり、同時に他の業者と媒介契約を結ぶことはできない。
自分自身で買主を見つけた場合も、成約してはいけない。
・他の業者や自分で見つけた買主と成約をした場合には、違約金を支払わなければならない。
・契約をした業者には、売主に対して1週間に1回以上の状況報告の義務がある。

専任媒介契約

・依頼した1業者だけとの契約であり、同時に他の業者と媒介契約を結ぶことはできない。
・他の業者の媒介から成約した場合、違約金を支払わなければならない。
・自分自身で買主を見つけた場合、契約していた業者に営業経費などを支払わなければならない。
・契約をした業者には、売主に対し2週間に1回以上の状況報告の義務がある。

一般媒介契約

複数の不動産業者(仲介業者)と契約できる。
契約する社名は明らかにしなければならない。
・明示されていない媒介業者の仲介で成約した場合、営業経費などの費用を支払わなければいけない。


専任媒介、一般媒介どちらを選ぶ?

専属専任媒介契約と専任媒介契約については、その1社としか契約ができない分、一般媒介契約よりも力を入れた活動をしてもらえるのが強み、とされていますが、窓口が1つのために入り口が狭くなっているのも事実です。

一方、一般媒介契約は、複数の業者と契約できるので、間口が広い分色んなアプローチが期待ができますが、(専属)専任媒介契約よりも販売活動を集中的に行ってもらえない可能性がある、と言われます。

文章を読む限り、どちらも一長一短ありますよね。
私も正直なところ、媒介契約の方式に関しては、どちらがいいかと一概に言えません。

強いて決め方を挙げるとすれば、一括査定の段階で信頼できる会社(担当者)が1つに絞り込めたなら専任媒介契約(専属も含む)に、そうでなければ、一般媒介契約がいいと思います。

専任であろうが一般であろうが、仲介会社はマンションが売却できたことで、はじめて手数料収入を得るわけですから、やる気のある会社(担当者)は媒介契約の方式にかかわらず、しっかりと販売活動してくれるはずです。
そういった意味では、媒介契約の段階で専任媒介にこだわり過ぎる会社(担当者)は要注意かもしれません。

ちなみに私の場合は、一括査定で査定額が1番高かった会社の担当者がかなりいい人で、販売に関する話もスムーズに進んでいったため、全て任せてしまおうと考えて専任媒介にしました。


→今すぐマンションの一括査定を利用するならこちら!


 

サイトマップ