マンション 売却 税金

税制には色々な特例あり!

マンションを買った時より高く売却した場合、売却益が発生します。
この売却益は所得であり、所得税・住民税の課税対象になります。

ただし、不動産所得は3000万円までであれば特別控除の対象になります。
その他、マンションを売って別の住宅に買い替えをする場合には特例が適用されます。
それ以外にも、マイホーム売却の場合には軽減税率が適用されるなど、様々な特例があります。

またマンションを買ったときより安く売却した場合には損失を計上することになります。
通常、不動産の譲渡損失は、他の所得と損益通算できないルールになっていますが、マイホームを売却したり住宅の買い替えを行った場合には、譲渡損失の損益通算ができるケースもあります。
もちろんすべてのケースで損益通算できるわけではなく、必要条件を満たしているケースに限られます。

税金に関しては、色々と複雑なことが多いので、市や区で行われている無料の税務相談などを利用して、税理士に相談することをお薦めします。

マンション売却で利益が発生した場合、損失が発生した場合とも、確定申告が必要です。
確定申告は毎年原則2月16日から3月15日までの間に手続きをしなければいけませんので、忘れずに行ってください。
→税制の詳細はこちら


→今すぐマンションの一括査定を利用するならこちら!

 

サイトマップ