マンション 売却 コツ

マンション売却のコツ

マンションをはじめとした不動産物件の売却は、一般の人には一生に1回あるかないかの出来事でしょう。
ほとんどの人が初めてだから不動産会社にお任せとなることが多いと思いますが、この「お任せ」実は、どこに頼むかで売却金額に大きな違いが出るんです。

初めまして、私はファイナンシャルプランナー(以下FPと表記)の井富士と申します。
FPって何?という方も多いと思いますが、FPとは、簡単に言えばお客様の資産に関するご相談をお受けして、的確なアドバイスをする、いわば資産管理のプロとも言える仕事なんです。

だからと言って、私は不動産の専門家ではありませんから、不動産取引について隅から隅まで知っているわけではありません。
ただこれまで、多くのお客様のご相談をお受けする中で、マンションや土地などの不動産の売却に接することも多く、実際に仕事上で不動産の専門家にお話を聞いたり売却を依頼したりした経験から、不動産を思い通りに売却するいくつかのコツや大切なポイントを学びました。

また、自身が以前マンションを売却した経験も踏まえて、マンションを高く売るためのコツをお伝えできればと考えて、このサイトを開設しました。

→私のマンション売却体験談はこちら!

マンション売却の好機到来!?

アベノミクスの効果か、はたまた消費増税の影響か、消費者の購買マインドが上向いて、マンションの市場在庫が減少し新築物件も増えてきました。
こういうときには中古物件の需要も増えるため、これからしばらくはマンション売却を考えている人にとってチャンス到来と言えるかもしれません。

しかし油断は禁物です。
いくら売りやすい、といっても、ただ漠然とマンションを売りに出しただけでは、大きく損をしてしまう可能性も!

不動産取引というものは、昔からブラックボックスといわれており、近年はインターネットを通じて誰でも物件情報にアクセスできる機会が増えたとはいえ、まだまだ物件情報については不動産業者が支配していることに変わりありません。

マンション売却の場合、どの仲介会社を選ぶかで、成約金額に1割程度の違いが出ることはざらだといいます。
日用品程度の買い物なら1割程度の差は納得できるかもしれませんが、売買価格が2000万円〜3000万円、場合によってはそれ以上にもなる不動産取引の場合、数百万円の違いになってしまいます。
誰だってこの金額の差には我慢できませんよね。

しかし、一般の人にとってマンションの売却は、一生の内に何度も経験することではなく、またマンションを売却するケースの多くが家の買い替えを伴うものであることが多いため、どうしても「買い物」のほうに気が向かってしまい、「売り」には、それなりに売却できればそれでいい、と思ってしまうようです。

でもよく考えてみてください!
多くの家庭にとって、マンションは最も高額な資産です。
その大切な資産を売却するなら出来るだけ高く売ることが重要なんです。

マンション売却では複数業者に査定を依頼

マンションを高く売るために最も重要なコツ、それは査定です。
なので、マンションを売却する意思を固めたら、さっそく査定を依頼しましょう。

査定を依頼する先は、1社では駒不足!
前述した通り、マンション売却では、仲介会社の選別いかんで、成約金額に1割程度の違いが出てしまいます。
ということは、複数の会社に査定を依頼する必要があるのです。
とはいうものの、1社1社に査定依頼するのは大変だ、と考えてしまいますよね。

実は、インターネットの不動産無料一括査定サイトを利用すれば、複数の不動産会社に無料で簡単にマンションの査定を依頼することができます。

私がFPとしてご相談をお受けした多くのお客様はもちろん私自身も、インターネットのマンション一括査定サイトを利用してマンション売却を成功させたました。
→私が利用したマンション一括査定サイトはこちらです。


不動産会社としては、査定の依頼=見込み客ですから、一括査定を申し込むと、営業の電話がかかってくることもあるかもしれませんが、それを嫌がっていたら短期間に複数の査定を受けることはできません。
むしろ、不要な営業を断るくらいの強い意志を持って、マンションの売却に臨みましょう。

それから、査定価格について、「分譲価格より高かった」、「ローン残高よりも安い」など、一喜一憂する人がいますが、査定価格というのは、あくまでもそのときの状況に応じた不動産会社の言い値でしかありません。

もちろん査定が高い、ということは仲介会社選定基準の一つではありますが、だからといって、必ず高く売れるという保証はないのです。
同じような立地にある物件の過去の成約価格が提示されることもあれば、そのときの需要から判断してリーズナブルな金額をつける会社もあるということを知っておきましょう。

私の実務経験の中では、「媒介契約をとるために高い査定金額」を提示してくる業者もある、という話を聞いたこともあるので、査定金額の高低に一喜一憂してはいけません。
当初の査定価格と実際の売却価格(成約価格)は別物と考えておきましょう。

その点も含め、マンションを高く売るためのコツ、重点ポイントは別項にまとめてご紹介しています。
→高く売るためのポイント

→今すぐマンションの一括査定を利用するならこちら!

 

サイトマップ